talking to myself

台湾から来た男

After a few weeks interval, this year’s Wimbledon tennis has started. I watched Federer’s first match last night on NHK with listening to the commentary in English. Federer’s opponent was called Yen-Hsun Lu, but the commentators called him “this guy from Chinese Taipei” again and again. In addition, one of them told that he did not know which his last name was. It was a bit sad and funny.

More
[PR]



# by muskmelon069 | 2009-06-23 17:26 | テレビ

French Open '09

What had I done? No, what had Not I done? I missed Federer’s win in French Open yesterday. Actually I watched his match until the third set over and went to bed at 2 am. Federer was 2 sets behind at that time, so I sadly thought he was not going to win because the opponent was playing great. What happened after that? Anyway, I am a big fan of him and I really hope that he seizes the grand slam title this time. I believe all tennis fan wish him luck. Go, Federer!!

やってもうた!昨日のフェデラーの試合、見逃した!
実際は第3セットが終わるところまで見ていたのですが、デルポトロが絶好調でフェデラーは2セット目のタイブレークしか良いところ無しで、このままじゃ負けるな・・と残念な気持ちで2時ごろ寝ちゃったら、なんと、勝ってた!見逃した!悔しいです!
ともあれ、明日の決勝、ここまで来たら優勝してもらいましょう。悲願の全仏タイトル、取ってください。お客さんもそう思ってるはずです!
ゴー!フェデラー!

WOWOWのテニス解説の柳さん、大好きです。解説もおもしろいけど、何よりテニスが好き!ってことが伝わってきます。そして、フェデラーの大ファンであることも知っています。柳さん曰く「(フェデラーの)夢のようなテニス」明日は見せてくれるでしょうか?
[PR]



# by muskmelon069 | 2009-06-06 16:17 | 日々のこと

Slamdog$Millionaire

b0144020_21514110.jpg
As there are so many blogs where the blogers write wonderful movie reviews, I hesitate to talk about movies. And this time I am going to write the latest and hottest one; Slamdog $ Millionaire. Before watching it, I did not feel right that the director Danny Boyle made such a movie. I thought the movie dealt with a social problem in India mainly. My image of his movies was pop and energetic, like Train Spotting, for example. Now I think he wanted to make an entertainment love story set in current India and he did it. This movie is a sort of fairy tale. When I think about that, everything makes sense, the way of describing Jamar’s brother. So I was able to enjoy watching the last half because I thought it would end happily despite some gory scenes. It is worth watching and I bet you would feel refreshed when you leave the theater.

ネタバレあり
[PR]



# by muskmelon069 | 2009-04-28 21:56 | 映画

それでも生きる子供たちへ

I will talk about a movie called “All the invisible children.” This movie contains seven short films directed by seven well-known directors like Spike Lee or John Woo. Each movie featured kids surviving their own harsh situations in different countries. I did not have any information about this movie, so I was surprised and glad when I found one of my favorite directors was included; Emir Kusturica. I recognized his movie, “Blue Gypsy” as soon as it started because it filled with the unique music at the very beginning of it like other his movies. His movies are always full of music, people, and animals. I would say it is a lovely chaos, which makes me think that human being cannot turn away from enjoying themselves under all circumstances. I like it.
b0144020_20431367.jpg


映画「それでも生きる子供たちへ」は7人の世界的に有名な映画監督が、それぞれの国でたくましく生きる子供たちを撮った映画です。アフリカの少年兵であったり、ブラジルのストリートチルドレンであったり。「レッドクリフ」のジョン・ウーやスパイク・リーも参加しています。他にもビッグネームばかり。先日テレビでやっていたので何の予備知識もなく見たのですが、驚いたのはその中に私の好きな映画監督エミール・クストリッツァ(ボスニアの監督さんです。)が含まれていたこと。誰がどの映画を作ったのか知らずに見ても、エミール・クストリッツァの監督した「ブルージプシー」はすぐにわかります。冒頭から独特な音楽(ジプシーブラスというジャンルかな)に満ちているから。エミール・クストリッツァの映画は、「ブルージプシー」もそうですが、人・音楽・動物がごちゃごちゃなのです。言ってみれば素敵なカオス。以前に「ライフ・イズ・ミラクル」を見たときに思ったのは、人って結局、どんな状況にあっても楽しむってことからは逃れられないんですよね。爆弾が落ちでもチェスがしたいし、戦争中でも恋に落ちるし。そこが愚かしくかわいい。某映画雑誌の作品紹介にあった「行き着く先はバカ&ラブ」。素晴らしいレビュー。

それにしても、日英でブログを書くとどうして日本語がこんなに変になるんだろう。英語が変なのは気にならないんだけど。ってか変かどうかなんてわからないし。
[PR]



# by muskmelon069 | 2009-04-13 21:26 | 映画

I love Ichiro!

I don’t watch baseball games, but I like Ichiro. I always pay attention what he says; I call it “ご神託”. I hear that he often tells kids playing baseball to take good care of their bats and gloves when he is asked how to be a good baseball player. I think he is trying to tell them how important to prepare for a good performance. In an interview, he was asked if he saw an ideal figure at the end of his baseball journey. He answered “…yes, but I have just an obscure imagery… I am always in complete darkness. Even so, if I keep going, I could find a small ray of hope into the far distance. I believe. ”

野球は見ないのだけど、イチローは好きだ。イチローの発言にはいつも注目してしまう。私はそれを「ご神託」と呼んでいる。だっておもしろいんだもん。イチローはいつも、野球少年に「どうしたら野球がうまくなるか」と質問されると「道具を大事にしなさい」と答えるそうだ。それはきっと、野球に対する心構えと、良いプレイをするためには、しっかり準備が必要なのだと言いたいのだろう。
以前、あるインタビューで「そのストイックな努力の果てには、理想の姿のようなものがみえているのか」という質問に対し、「理想の姿はなんとなく、あります。でも、常に真っ暗闇の中にいます。それでも、努力を続けることで希望の光が見えてくると信じています」と答えていた。やっぱり好きだ、イチロー。

一口メモ。
最後のセンテンスの中で、日本語で言う「それでも」と言いたかったのだけど、最初に書いたのは"yet"。その後に"still"が浮かんで、ちょっと調べて"even so"に変えてみた。んんー、どれが良かったかな。
b0144020_21484571.jpg

[PR]



# by muskmelon069 | 2009-04-09 21:45 | 日々のこと

勉強のためとひまつぶし
by muskmelon069
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ごあいさつ
テレビ
日々のこと
英語のお勉強
映画

未分類

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧