talking to myself

<   2009年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧




Slamdog$Millionaire

b0144020_21514110.jpg
As there are so many blogs where the blogers write wonderful movie reviews, I hesitate to talk about movies. And this time I am going to write the latest and hottest one; Slamdog $ Millionaire. Before watching it, I did not feel right that the director Danny Boyle made such a movie. I thought the movie dealt with a social problem in India mainly. My image of his movies was pop and energetic, like Train Spotting, for example. Now I think he wanted to make an entertainment love story set in current India and he did it. This movie is a sort of fairy tale. When I think about that, everything makes sense, the way of describing Jamar’s brother. So I was able to enjoy watching the last half because I thought it would end happily despite some gory scenes. It is worth watching and I bet you would feel refreshed when you leave the theater.

ネタバレあり
[PR]



by muskmelon069 | 2009-04-28 21:56 | 映画

それでも生きる子供たちへ

I will talk about a movie called “All the invisible children.” This movie contains seven short films directed by seven well-known directors like Spike Lee or John Woo. Each movie featured kids surviving their own harsh situations in different countries. I did not have any information about this movie, so I was surprised and glad when I found one of my favorite directors was included; Emir Kusturica. I recognized his movie, “Blue Gypsy” as soon as it started because it filled with the unique music at the very beginning of it like other his movies. His movies are always full of music, people, and animals. I would say it is a lovely chaos, which makes me think that human being cannot turn away from enjoying themselves under all circumstances. I like it.
b0144020_20431367.jpg


映画「それでも生きる子供たちへ」は7人の世界的に有名な映画監督が、それぞれの国でたくましく生きる子供たちを撮った映画です。アフリカの少年兵であったり、ブラジルのストリートチルドレンであったり。「レッドクリフ」のジョン・ウーやスパイク・リーも参加しています。他にもビッグネームばかり。先日テレビでやっていたので何の予備知識もなく見たのですが、驚いたのはその中に私の好きな映画監督エミール・クストリッツァ(ボスニアの監督さんです。)が含まれていたこと。誰がどの映画を作ったのか知らずに見ても、エミール・クストリッツァの監督した「ブルージプシー」はすぐにわかります。冒頭から独特な音楽(ジプシーブラスというジャンルかな)に満ちているから。エミール・クストリッツァの映画は、「ブルージプシー」もそうですが、人・音楽・動物がごちゃごちゃなのです。言ってみれば素敵なカオス。以前に「ライフ・イズ・ミラクル」を見たときに思ったのは、人って結局、どんな状況にあっても楽しむってことからは逃れられないんですよね。爆弾が落ちでもチェスがしたいし、戦争中でも恋に落ちるし。そこが愚かしくかわいい。某映画雑誌の作品紹介にあった「行き着く先はバカ&ラブ」。素晴らしいレビュー。

それにしても、日英でブログを書くとどうして日本語がこんなに変になるんだろう。英語が変なのは気にならないんだけど。ってか変かどうかなんてわからないし。
[PR]



by muskmelon069 | 2009-04-13 21:26 | 映画

I love Ichiro!

I don’t watch baseball games, but I like Ichiro. I always pay attention what he says; I call it “ご神託”. I hear that he often tells kids playing baseball to take good care of their bats and gloves when he is asked how to be a good baseball player. I think he is trying to tell them how important to prepare for a good performance. In an interview, he was asked if he saw an ideal figure at the end of his baseball journey. He answered “…yes, but I have just an obscure imagery… I am always in complete darkness. Even so, if I keep going, I could find a small ray of hope into the far distance. I believe. ”

野球は見ないのだけど、イチローは好きだ。イチローの発言にはいつも注目してしまう。私はそれを「ご神託」と呼んでいる。だっておもしろいんだもん。イチローはいつも、野球少年に「どうしたら野球がうまくなるか」と質問されると「道具を大事にしなさい」と答えるそうだ。それはきっと、野球に対する心構えと、良いプレイをするためには、しっかり準備が必要なのだと言いたいのだろう。
以前、あるインタビューで「そのストイックな努力の果てには、理想の姿のようなものがみえているのか」という質問に対し、「理想の姿はなんとなく、あります。でも、常に真っ暗闇の中にいます。それでも、努力を続けることで希望の光が見えてくると信じています」と答えていた。やっぱり好きだ、イチロー。

一口メモ。
最後のセンテンスの中で、日本語で言う「それでも」と言いたかったのだけど、最初に書いたのは"yet"。その後に"still"が浮かんで、ちょっと調べて"even so"に変えてみた。んんー、どれが良かったかな。
b0144020_21484571.jpg

[PR]



by muskmelon069 | 2009-04-09 21:45 | 日々のこと

Trip to America~番外編・Triciaの話~

I told Tricia one of my friends is working in Africa as a volunteer. She asked me if the friend was a doctor or a nurse. My friend is not a doctor and I had no idea what I would answer to her question. I thought and thought, and said,” she is nothing.” A second later, Tricia burst into laughing in the quiet plane.

これからアフリカに行くと言うトリシアに、「私の友達にアフリカでボランティアとして働いている人がいるよ」と話したところ、「その友達はなにをやっているの?医者?看護士?」と聞いてきたのでした。その友達(女子)は医者でも看護士でもないので、むむ~、と考えてひねり出した英語が”she is nothing.”でした。次の瞬間、トリシアの笑い声が静まった機内に響き渡ったのでした。
ごめんよ、マイフレンド。
[PR]



by muskmelon069 | 2009-04-06 20:39 |

Trip to America~there must be an angle 続き~

前回のお話。
インディアナの3日間、時差ぼけで良く眠れなかったので、お友達と別れて1人でニューヨークに行くことになんだか気力体力ともに弱気になっていたのでした。そして、飛行機で隣り合ったのが白人女性のトリシア。30歳の娘がいると言っていたので年のころなら50歳過ぎくらいでしょうか。なんか、親切な感じの素敵な人でした。これからアフリカにキリスト教関係の活動のために行くと言っていた彼女は「あなたは神を信じる?」と私に聞いてきたのでした。日本人にとって宗教の話は難しいんですよね・・・。

While talking, I was becoming sleepy. It was a comfortable feeling I got for the first time in the three days and I fell into a sleep... When I work up a few hours later, I was flying over Manhattan. I found myself getting better and kind of stronger. I felt like getting some power for my next adventure. I told Tricia (Tricia was her name) how much I got better thanks to her. Tricia looked a bit surprised and said, “It’s not me. It’s God. God touched you.” Though I am not a religious person, the warm feeling I had at that time let me believe in the existence of something. Then she improvised a prayer to wish me luck and gave a small booklet about God. What a wonderful experience (Have any of you had someone who said a prayer for you??)! Yet I don’t practice any religion, I still remember that it seemed as if something was beside me at the moment. If “something” existed, she may have been an angel. Thank you, Tricia!

トリシアとポツポツおしゃべりをしていたらなんだか眠くなってきて、そのままぐぐぅっと寝入ってしまったのでした。インディアナでは時差ぼけで眠れず、久々の心地よい眠り。あ~最高。
そして、目を覚ますと陸地の上空を飛んでいたのでした。「ここどこ?」(私)「マンハッタンよ!」(トリシア 注:ホントは英語です)
短時間でもしっかり寝たのでなんだかすっきりして、気力が沸いてきました。「あなたとおしゃべりできたおかげで元気になった。パワーアップした気がする」とトリシアに言うと、ちょっと驚いた顔で「それは私じゃない。神様があなたにタッチしたのよ」というではないですか。もちろん驚いたけど、そう言われれば信じてしまえるほど、元気復活だったのでした。
b0144020_2043187.jpgそして彼女は飛行機が着陸する直前、私のために祈ってくれて、お互い旅の無事を祈りつつ別れたのでした。本当に信仰している人の言う「神」と、私の言う「かみさま~」は違うものだと思います。それでも、あの瞬間は「なんかいる!」と思えたのでした。そして、「なんか」がいたのなら、トリシアはその使者だったのかもしれません。そう信じるのもいいでしょう?出会いは旅の醍醐味ですから。
[PR]



by muskmelon069 | 2009-04-06 18:56 |

勉強のためとひまつぶし
by muskmelon069
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ごあいさつ
テレビ
日々のこと
英語のお勉強
映画

未分類

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧